3ヶ月でTOEIC400点UPを目指して!!

900点なんて現実離れ&不必要!TOEIC800点越え対策専門ブログ。このページで勉強をしよう!効率のいい勉強法をのせてます!


まず初めに


TOEIC文法

  • 5文型
  • 品詞
  • 動詞の一致(工事中)
  • 比較(工事中)
  • 時制・完了形(工事中)
  • 受動態(工事中)
  • 不定詞(工事中)
  • 動名詞(工事中)
  • 分詞・分詞形容詞(工事中)
  • 分詞構文(工事中)
  • 仮定法(工事中)
  • 関係代名詞
  • 関係副詞・複合関係詞

TOEIC攻略法


その他


最新の日記

ブログ内検索

      解らない文言を検索!
     

お勧めメールマガジン

↑ 相当有名な無料英語勉強メルマガです。 相当役立ちますよ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
関係代名詞 カテゴリー
①関係代名詞 -関係詞
②関係代名詞 -主格
③関係代名詞 -目的格
④関係代名詞 -所有格
⑤関係代名詞 -前置詞+関係詞
⑥関係代名詞 -非制限用法 No:1
⑦関係代名詞 -非制限用法 No:2
⑧関係代名詞 -What名詞節


授業料として、下のワンクリックをお願いしてよろしいでしょうか?


ブログランキングへの優しいクリックお願いします。


やってきました、関係代名詞what
難しいですが、今までの集大成なんで、
ちゃんとブログを読んでいただけたら、理解できると思います。

What節は「~な事」と訳す名詞節なので、目的語になったり、主語になったりします

例文:
People know what the factory caused.
  S    V      O

What you need is a good rest.
    S     V   C



※what節は単数扱いです。





あれ??関係代名詞なのに、先行詞がない!!

そう思った人は感のいい人ですね。
その通り! whatの関係代名詞は先行詞を含むのです。


そして考え方としては

the thing which  =  what

です。


では先ほどの文を分解していきましょう。


People know what the factory caused.
人々はその工場が引き起こした事を知っている。


二つに分解すると、
People know the thing.
The factory caused the thing.

①共通項目を関係代名詞に変える
The factory caused which.

②関係代名詞を文頭に持ってくる
Which the factory caused.

③先行詞の真後ろに持ってくる。
People know the thing which the factory caused.

④the thing which を what に変える
People know what the factory caused.


こうなるわけですね。
じゃあ、もう一つの文は逆に分解していきましょう。



理解できたら、応援クリックお願いします。




What you need is a good rest.
あなたに必要な事は良い休みです。


①What を the thing which に変える
The thing which you need is a good rest.

②文型をとり、二つの文を分ける
The thing is a good rest.
Which you need.

③Which を適切な場所に戻す (この場合はneedの目的語)
You need which.

④whichを共通項目のthe thing に変える
You need the thing.


The thing is a good rest.
You need the thing.

の二つに分かれました。



理解していただけました?
日本語で 「~な事」 って文は良く使いますね。
なので英語でも活用できます。日常でもね。
TOEICの公式問題集とか参考書で頑張って勉強しましょう!!

TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)

TOEICテストこれ1冊で全パートをモノにする―500点~860点突破のための解法テク&実戦問題


これで 『関係代名詞』 は終了しました。
理解するために、あしたにでももう一度全ての項目を読み返してください。
次は 『関係副詞』 をがんばりましょう!

スポンサーサイト


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
関係代名詞 カテゴリー
①関係代名詞 -関係詞
②関係代名詞 -主格
③関係代名詞 -目的格
④関係代名詞 -所有格
⑤関係代名詞 -前置詞+関係詞
⑥関係代名詞 -非制限用法 No:1
⑦関係代名詞 -非制限用法 No:2
⑧関係代名詞 -What名詞節


授業料として、下のワンクリックをお願いしてよろしいでしょうか?


ブログランキングへの優しいクリックお願いします。



では、関係代名詞 -非制限用法 の続きですね。

今までの関係代名詞は 『先行詞(関係詞直前の名詞)を修飾』でしたよね。

非制限用法には、前の文 や 前の文の一部 を修飾できるんです。
名詞句だけではないんですね。


He said he saw the accident, which was not true.
彼はその事故を見たと言った。それは本当ではなかった


さて、上の文はどれを修飾していますか??
The accident が嘘ではありません。
事故を見たのが嘘なんですね。

なので修飾されているのは、
he saw the accident.
になるわけです。

この様に、文もしくは文の一部を修飾する場合があります

※which を and that に変えてみると解りやすいと思います。



応援クリックお願いします。



ではややこしいので、もう二問用意しました。
どこが修飾されているか意識しながら、訳を付けてください。


I remaind silent, which made him even more angry.




回答:
私はずっと黙っていたそしてその事が彼をさらに怒らせた

解説:
I remaind silent を修飾していますね。



このブログを読むだけでは、実戦で活用できません。
必ず公式問題集を解き、読んだ事を意識しながら、
問題なれしていってください。


TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)



次回は 関係代名詞 -What になります。
次回が関係代名詞最後ですので、気合入れて読んでやってください。




最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
関係代名詞 カテゴリー
①関係代名詞 -関係詞
②関係代名詞 -主格
③関係代名詞 -目的格
④関係代名詞 -所有格
⑤関係代名詞 -前置詞+関係詞
⑥関係代名詞 -非制限用法 No:1
⑦関係代名詞 -非制限用法 No:2
⑧関係代名詞 -What名詞節


授業料として、下のワンクリックをお願いしてよろしいでしょうか?


ブログランキングへの優しいクリックお願いします。


では、みんな嫌いなな 『非制限用法』 の授業です。

関係代名詞では、ある名詞をより深く説明しますね。


a friend who is studying English.
英語を勉強している友達


これは 友達 をより深く説明し、制限しています。



では、下の二つの文の違いはなんでしょう??

I like men who are weak.
I like men, who are weak.


関係詞の前に カンマ が着いています。
この文が 『非制限用法』 と呼ばれます。


名詞を修飾するのではなく、「さらに」「そして」等の付けたしの訳がつきます。


I like men who are weak.
私は弱い男が好きだ。

I like men, who are weak.
私は男が好きだ、そして男は弱い。

man を制限せず、付けたしてますね。
必ず関係詞の前に カンマ(,) が付きます。


※注意点:
  カンマの後の関係詞は 省略 that置き換え 不可です。




応援クリックお願いします。



では、もう一問出します。
二つを和訳してください。
非制限用法には、「さらに」「そして」等入れてくださいね。



This essay was written by a friend of mine who lives here.
This essay was written by a friend of mine, who lives here.





回答:
This essay was written by a friend of mine who lives here.
このエッセイはここに住んでる私の友人によって書かれました。

解説:普通の関係代名詞-主節 ですね。
   私の友人  を修飾し、どの友人かを制限しています。





This essay was written by a friend of mine, who lives here.
このエッセイは私の友人によって書かれました、
そして彼はここに住んでいます

解説:非制限用法ですね。
   カンマ+関係詞 が出たら、非制限用法だ!!と思ってください。
   「そして」 で関係詞節を付け加えています。

TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)



今日はこのへんで。
次は非制限用法の続きです。 お楽しみに!



最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
関係代名詞 カテゴリー
①関係代名詞 -関係詞
②関係代名詞 -主格
③関係代名詞 -目的格
④関係代名詞 -所有格
⑤関係代名詞 -前置詞+関係詞
⑥関係代名詞 -非制限用法 No:1
⑦関係代名詞 -非制限用法 No:2
⑧関係代名詞 -What名詞節


授業料として、下のワンクリックをお願いしてよろしいでしょうか?


ブログランキングへの優しいクリックお願いします。


今回は少しややこしいですよ。

前置詞の後ろには 『前置詞の目的語』 が来ます。

例: to my house    on your desk


もしこの 『前置詞の目的語』 が共通項目だったらどうしましょう?
例えば、


This is the supply room.
You can find paper in the supply room.



いつもの手順で関係代名詞を使った文を作りましょう!

①共通項目を関係代名詞に変える
You can find paper in which.

②関係代名詞を文頭に持ってくる
Which you can find paper in.

③先行詞の真後ろに持ってくる。
This is the supply room which you can find paper in.


この文は正解です。
目的格の関係代名詞なので、省略もできますし that で置き換えも可能




ただもう一つ正解があるのです。



前置詞も関係代名詞と一緒に文頭に来る事が可能!


This is the supply room.
You can find paper in the supply room.


①共通項目を関係代名詞に変える
You can find paper in which.

②関係代名詞を文頭に持ってくる
In which you can find paper.

③先行詞の真後ろに持ってくる。
This is the supply room in which you can find paper.


こうなるわけですよ。
しかしとても硬い文で、日常は前置詞を後ろに残し、
さらに省略されているのが多いですね。

※前置詞が文頭に来た場合は、省略 that置き換え 両方できない!



応援クリックお願いします。




もう一問用意したので、二通り作ってみてください。


The girl was Bob's sister.
I played tennis with the girl.




パターン①
①共通項目を関係代名詞に変える
I played tennis with who(whom).

②関係代名詞を文頭に持ってくる
Who(Whom) I played tennis with.

③先行詞の真後ろに持ってくる。
The girl who(whom) I played tennis with was Bob's sister.



パターン②
①共通項目を関係代名詞に変える
I played tennis with who(whom).

②関係代名詞を文頭に持ってくる
With who(whom) I played tennis.

③先行詞の真後ろに持ってくる。
The girl with who(whom) I played tennis was Bob's sister.




in which ってなんじゃーー!
と思っていた方もいるでしょう。
自分で例文を作って、何個も何個も解いてください。

関係代名詞を使った文を二つに分解するのも、良い手かもしれません。

公式問題集は絶対解いてください!
この問題集を解くだけで、点数に差がでます!

TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)



では次回は、 非制限用法 です。お楽しみに。



最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
関係代名詞 カテゴリー
①関係代名詞 -関係詞
②関係代名詞 -主格
③関係代名詞 -目的格
④関係代名詞 -所有格
⑤関係代名詞 -前置詞+関係詞
⑥関係代名詞 -非制限用法 No:1
⑦関係代名詞 -非制限用法 No:2
⑧関係代名詞 -What名詞節


授業料として、下のワンクリックをお願いしてよろしいでしょうか?

ブログランキングへの優しいクリックお願いします。


みなさん、主格・目的格は理解してもらえましたか??
次は 所有格 になります。

所有格の関係代名詞は 『whose』 ですね。

's my his her などの所有を表す物が whose に変わるんです。



※ポイント
人(my his her 等)でも 物(its 's)でも whose に変わる。


ではいつものように、二つの文をつなげてください。




Jack is a student.
His father is a famous politician.


この場合共通項目は Jack / a student His
になります。

Jack か a student どっちを修飾するかで意味が変わりますね。

『ジャックは有名な政治家を父に持つ生徒です』
にしてみましょう。



①共通項目を関係代名詞に変える
Whose father is a famous politician.


②関係代名詞を文頭に持ってくる
(この場合すでに文頭にあります)

③先行詞の真後ろに持ってくる。
Jack is a student whose father is a famous politician.



理解できたら、応援クリックお願いします。



では、もう一問行ってみましょう。

Show me the kettle.
The kettle lid is red.




①共通項目を関係代名詞に変える
Whose lid is red.

②関係代名詞を文頭に持ってくる
(この場合すでに文頭にありますね)

③先行詞の真後ろに持ってくる
Show me the kettle whose lid is red.
(そのふたが赤いやかんを見せなさい)



これが所有格の関係代名詞になります。
ではポイントのおさらい。


※所有格の名詞が関係代名詞whoseに変わる

※Thatには変えられない (最近の黒人英語ではthatに変える事もある)

※省略はできない (省略できるのは、目的格だけ)


では、また公式問題集でおさらいしてください。
関係代名詞所有格の問題もでてきます。

TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)

応援クリックお願いします。



最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。