3ヶ月でTOEIC400点UPを目指して!!

900点なんて現実離れ&不必要!TOEIC800点越え対策専門ブログ。このページで勉強をしよう!効率のいい勉強法をのせてます!


まず初めに


TOEIC文法

  • 5文型
  • 品詞
  • 動詞の一致(工事中)
  • 比較(工事中)
  • 時制・完了形(工事中)
  • 受動態(工事中)
  • 不定詞(工事中)
  • 動名詞(工事中)
  • 分詞・分詞形容詞(工事中)
  • 分詞構文(工事中)
  • 仮定法(工事中)
  • 関係代名詞
  • 関係副詞・複合関係詞

TOEIC攻略法


その他


最新の日記

ブログ内検索

      解らない文言を検索!
     

お勧めメールマガジン

↑ 相当有名な無料英語勉強メルマガです。 相当役立ちますよ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
品詞 カテゴリー
①基本的な品詞の説明
②名詞-可算名詞・不可算名詞
③名詞-名詞につける語
④名詞-主語と動詞の一致
⑤名詞-主語と動詞の一致 No:2
⑥冠詞
⑦代名詞-格&再起代名詞
⑧代名詞-不定代名詞
⑨前置詞


『形容詞』 に入ります。

では出欠とりま~す。


出席クリック!


では授業を始めますね。

今回は 『形容詞』 です。
簡単だな~、と思っている人も多くいるようですが案外置くが深い『形容詞』
形容詞をマスターすればPart5・6にかなり使えます。
しっかりと抑えておきましょう!


■形容詞の役割

It was a wonderful concert.  (concertを修飾している)
The concert was wonderful.  (第2文型の補語となっている)

形容詞には2つの使い方がある。
一、名詞とともに使われる場合 (名詞の前において、名詞を修飾する)
二、単独で使われる場合   (補語となる場合)

例文では両方とも concedrt を説明している。



■-ed/-ing のついた形容詞 (参考:分詞形容詞)

Jane is interested in Japanese culture.
Janeは日本の文化に興味がある。

Jane is very interesting.
Janeはとても面白い。

「~させる」という意味を持つ動詞に、 -ed/-ingがついて、形容詞に
なったものがある。区別が難しいので注意!

例:interest「興味を持たせる」
James interests me. 
→ I am intersted in James. (私はジェームスに興味がある)
-edの場合: 主語の感情を述べる時に使う
→ James is interesting. (ジェームスは面白い)
-ingの場合: 主語が周りの人に与える感情を述べる時に使う


同じような使われ方をする動詞の例
bore  退屈にさせる
tire  疲れさせる
excite  興奮させる
confuse  混乱させる
annoy  イライラさせる
amaze  ビックリさせる
satisfy  満足させる



■The のついた形容詞

We should be kind to the old.
年老いた人々に優しくするべきである。

The+形容詞が、その形容詞の意味+peopleを表す場合がある。



■形容詞が名詞の後ろから修飾するパターン①

I want to eat something hot for lunch.
ランチにあったかい物が食べたいよ。

通常形容詞は名詞の前に置かれるが、後ろに置かれる場合がある。
-thingで終わる代名詞がその一例。

something anything nothing everything  等。



■形容詞が名詞の後ろから修飾するパターン②

Your understanding of different cultures is necessary.

前置詞+名詞のかたまり(前置詞句)は後ろから名詞を修飾する。




■形容詞が名詞の後ろから修飾するパターン③

I need time to decide on the matter.

to不定詞は後ろから名詞を修飾する事がある。



■形容詞が名詞の後ろから修飾するパターン④

Some people studying english don't like it.
英語を勉強している何人かは英語が嫌いだ。

分詞-ing/-ed形が後ろから名詞を修飾することがある。



以上が基本的な『形容詞』の抑えるポイントです。
分詞形容詞など難しい部分もありますが、単純に考えれば簡単です。
これから出てくるカテゴリーでも使って行く知識ですので、しっかり理解しておいてください。
スポンサーサイト


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
品詞 カテゴリー
①基本的な品詞の説明
②名詞-可算名詞・不可算名詞
③名詞-名詞につける語
④名詞-主語と動詞の一致
⑤名詞-主語と動詞の一致 No:2
⑥冠詞
⑦代名詞-格&再起代名詞
⑧代名詞-不定代名詞
⑨前置詞

では 『品詞 -基礎的な品詞の説明』 に入ります。

その前に出欠とりま~す。


出席クリック!


■名詞
Point①
ものの名前を表す言葉で、可算名詞不可算名詞がある。

Point②
名詞は、主語 ・ 目的語 ・ 補語 の位置に来る。

例文:
Jack is a teacher.

I like onions.

Love is important.





■代名詞
Point
名詞の代わりをする言葉で、 人称・格 により言葉が変わる。

例文:
I met a man at the party. He asked me to teach him Japanese.

We enjoyed ourselves at the party.





■動詞
Point
動詞は動きを表す言葉で、
自動詞(目的語を必要としない動詞)
他動詞(目的語をが絶対必要な動詞)
にわかれる。

またbe動詞(is,are,am)は、「~がある」「いる、ある」という
状態を表す動詞。

例文;
She arrived.

We enjoyed the party.




■形容詞
Point
形容詞は、人や物事の性質・状態・数量などを表します。
名詞だけを修飾し、文の補語ともなりえる。

例文:
I bought an expensive car.

She is beautiful.





■副詞
Point
副詞は、動詞や形容詞、副詞、文全体 等を修飾し、
場所・時・程度・頻度 などを表す。
名詞は絶対修飾しないし、文の補語にもならない


例文:
I often swim in the sea.

He studied very diligently.




■助動詞
Point
動詞の原型の前におき、動詞に様々なニュアンスを与える言葉。


例文:
You can sit there.

He should pass the test.




■接続詞
Point①
2つの言葉や文を結びつける言葉。
等位接続詞(and,but,or) と
従属接続詞(when,if,while,because,asなど) がある。

point②
接続詞の後ろは必ず文が成立する。


例文:
I'm tired and I went to bed earlier.

When I was in London, I met him.



この7つが基本的な品詞ですね。
英語の基礎です。これらを覚えずに英語は絶対話せません。
理論的に英語を勉強し、TOEIC860点を超えましょう!



最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
品詞 カテゴリー
①基本的な品詞の説明
②名詞-可算名詞・不可算名詞
③名詞-名詞につける語
④名詞-主語と動詞の一致
⑤名詞-主語と動詞の一致 No:2
⑥冠詞
⑦代名詞-格&再起代名詞
⑧代名詞-不定代名詞
⑨前置詞


『前置詞』 に入ります。

では出欠とりま~す。


出席クリック!


では授業を始めますね。

『前置詞』が苦手だ~、なんてよく聞きますよね。
そらそうですよ、微妙なニュアンスでネイティブは変えますからね。
それを文章でお伝えするのには、限界があります。
しかし基本的なTOEICに出てくる前置詞は抑えますので、
おさらいのように思って、読んでください。




■基本的な前置詞

1.時間を表す前置詞 in / on / at

in + 比較的長い時間
(in the week, in the year, in 1980, in September)
 ※「~の後に」の意味で使われる場合も。
  The plane will arrive in ten minutes.
The company went bankrupt in a year.

on + 日を表す語
(on Sunday, on mu birthday, on New Year's)

at + 時刻
(at 8:00, at noon)



2.with

with + A :Aとともに/Aを使って
with + A + 状態 :Aが~の状態で

I went to Kobe with her.
The man opened the door with the key.
He was walking with his hands in his pockets.



3.by:行為者、 手段、 差・程度、 締め切り

The novel was written by the writer.  行為者

The man entered the house by breaking the window.  手段

The price went up by 10%.  差・程度

I have to finish the report by Friday. 締め切り



4.about/on :~に関する

I read a book about/on Japan.




■間違いやすいもの

1.by/until
byは「ある時点までにある動作が起こる」
I'll finish this report by next Monday.

untilは「ある時点まである動作が起こり続ける」
I'll stay here until next monday.



2.despite(前置詞)/although(接続詞)
despite + 名詞
Despite the bad weather, they went on a picnic.

although + S + V
Although the weather was bad, they went on a picnic.



3.during(前置詞)/while(接続詞)
during + 名詞
He studied English during his stay in Canada.

while + S + V
He studied English while he was staying in Canada.




4.home/abroad/here/ there/overseas

「に/で」の意味がすでに含まれいている副詞。
in/to などの前置詞はつかない。

I want to live abroad to learn English.
Some people go overseas more that three times a year.




以上が前置詞のおさらいになります。
文章でお伝えするのは難しい部分もありますが、
よく文章を読み込んで理解してください。


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
品詞 カテゴリー
①基本的な品詞の説明
②名詞-可算名詞・不可算名詞
③名詞-名詞につける語
④名詞-主語と動詞の一致
⑤名詞-主語と動詞の一致 No:2
⑥冠詞
⑦代名詞-格&再起代名詞
⑧代名詞-不定代名詞
⑨前置詞


『代名詞 -不定代名詞』 に入ります。

では出欠とりま~す。


出席クリック!


では授業を始めますね。

今回は 『不定代名詞』 です。
それぞれ 単・複扱い も載せますので、
おさらいしてください。


①all:単数扱い&複数扱い

■単数扱い:allだけのもの

All you have to do is clean your room.
All was still in the house.


■複数扱い:all of

All of us have to go.
All of the people were gone.



both:複数扱い

Both are correct.
Time and Jane are nice to me. I like them both.



each:単数扱い

Each team has its own uniform.
Each of you has to play well, or the team will lose.



some/any:可算にも不可算にも用いる

Some of those oranges were rotten.
Some of the news was leaked to the press.

I have some apples. Do you want any?
If you have any money, would you lend me some?




⑤one, other, another

one:一つのもの
another:もう一つのもの
the other:(二つのうち)残りのもう一つ
the others:その他の残り物

One of my friends lives in Osaka.
Would you like another cup of tea?
I have two sisters. One lives in Kyoto, and the other lives in Kobe.
I have three borthers. One lives in Kyoto, and the others live in Kobe.
Some people are on my side, the others are not.
Some people are on my side, others are not.



⑥either/neither

either:(二者の人・物)どちらか一方
neither:(二者の人・物)どちらでもない

Is either of the stores open on Sundays?
Either will do.
Is neither of the stores open on Sunday?




⑦any of + 複数名詞:(三者以上)どれか

Are any of the stores open on Sundays?




⑧none of + 複数形:(三者以上)どれでもない

None of the stores are open on Sundays.




もう覚える事一杯ですね。
数回見直して、イメージするだけでもだいぶ違います。
All と All of の違いとか、結構必要ですよ。
みんなで頑張りましょう!


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
品詞 カテゴリー
①基本的な品詞の説明
②名詞-可算名詞・不可算名詞
③名詞-名詞につける語
④名詞-主語と動詞の一致
⑤名詞-主語と動詞の一致 No:2
⑥冠詞
⑦代名詞-格&再起代名詞
⑧代名詞-不定代名詞
⑨前置詞


『代名詞 -格&再帰代名詞』 に入ります。

では出欠とりま~す。


出席クリック!


では授業を始めますね。


『格』って知っていますか?
主格・目的格・所有格・・・等など
これは基礎中の基礎です。
関係代名詞のカテゴリーでも多出します。しっかり覚えてください。



主語の役割をする主格代名詞

I / we / you / he / she / it / they  等


目的語の役割をする目的格代名詞

me / us / you / him / her / it / them  等


名詞を修飾する役割をする所有格代名詞

my / our / your / his / her / its / their  等


所有格代名詞 + 名詞の意味を表す所有代名詞

mine / ours / yours / his / hers / theirs  等


再帰代名詞

myself / yourself / himself / herself / itself
ourselves / yourselves / themselves  等


※人間を表す代名詞を”人称代名詞”と言います。参考までに。



これらの言葉は英語を勉強する上で、頻繁に出てきます。
理論的に考えれば、なぜその名前がついてるのか解はず。
主語に使われるから ”主格” なんですよ。
目的語に使われるから ”目的格” なんですよ。


では、一番複雑な ”再帰代名詞” を少し解説します。


●強調の用法

I myself don't mind an early dinner.

She wanted to talk to the manager herself.

上記2文の用法は 強調 するために使われています。
「~自身で」 と訳されますね


●主語=目的語 の用法

The employees devoted themselves to the new project.
従業員たちはその新しいプロジェクトに彼ら自身を捧げた。

このように、目的語が主語自身の時に使われます。


●慣用表現

He went to Karaoke by himself.
彼は一人でカラオケに行った。

これは慣用表現ですね。
「ひとりで」 を 「by ~self」 で使います。
alone と一緒なんですが、再帰代名詞を使った方がカッコいい!



さて、代名詞の基礎中の基礎を解説しました。
理解していただけましたか?
「英語にこんな用語必要ない!」 って思っていると、
理論的に英語を勉強できません。
これからも頻繁に使う用語ですので、ぜひ覚えてください。


最後に 『応援の優しいクリック』 してくれたら嬉しいです。
        ↓        ↓
    TOEICブログ! にほんブログ村 英語ブログへ
☆TOEICスコアUPアイテム満載☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。